むけいかくなひと、しごとをさがす

むけいかくに生きていくとどうなるか実験中のブログです

むけいかくに始めてみた、誰にも会わないクラウドソーシングのしごと…の巻。

 

こんにちわ、むけいかくなひとです。

無職になってしばらくたちました。

しかし、誰にも雇われたくない…!雇用主がこわい……!

 完全に組織のリーダーを疑心暗鬼の目で見てしまう毎日です。しゃちょうのせいです。

 

もちろん、全員がそうじゃないことはちゃんと理解していて、学生時代には、「この人のためだったら頑張る!」なんて思えるバイト先の店長もいましたがしかし、直近の記憶に苛まれて就職活動をするところを想像しただけで吐き気がしております。おそろしい…。

 

そして当たり前のことですが、貯金は減る一方。

なんとかして、しごとをさがさねばなりません。それもヘタレでもできるしごとを。

http://www.flickr.com/photos/22298070@N00/4689146130photo by spilltojill

 

もういっそのこと、企業に所属しないでどこまでいけるか試したくなってきました。

といっても汎用性の高いスキルに乏しいので、いろいろ勉強しなくてはいけないのですが、勉強するのにもお金のかかる世の中ですから、書籍代ぐらいの小金は稼がないと、貯金だけでは危うい状況です。

というわけで、いろいろ探してみたところ、最近は「クラウドソーシング」というのがあるのですね。初耳です。どうやら、不特定多数の人に、デザインやらサイト管理やらの業務を委託するという意味であるようですね。

 

しかし、むけいかくに生きてきたがゆえに、資格なんて自動車運転免許ぐらいしか持っていませんから、そんな自分にできることなんてあるわけないや…と思いつつ、検索で出てきたランサーズ というサイトを見てみました。

すると、意外や意外、文章が書ければできるようなしごとが大量にリストアップされていました。ブログの記事執筆であるとか、紹介文とか、そんなかんじで、これならとりあえず自分にもできそうです。

 

そして実際やってみると、ものによっては報酬が振り込まれるのが数時間後だったりして、とんでもなく気軽です。ヘタレでもできます。良かった…。

ただ、私はタイピングがとんでもなく遅いので、記事を書くのに時間がかかって、たまに割に合ってないかんじはします…。

これで生活していくには気合が要りそうですが、ブログなどで文章を書きなれている人や、イラストレーターでデザインができる人、コピーライティングができる人には大量にしごとがあります。フリーで売出し中の方や学生さんなんかはいいんじゃないかと思いました。

Lancers.jp

 

とりあえずみてるだけで、こんなしごとあんの?と、世間知らずの私には未知の世界が広がっていて、おもしろいです。

他にもクラウドソーシングサイトはいろいろあるようですね。機会があったら他も試してみようと思います。

sponsored link

 

【その他の記事】