むけいかくなひと、しごとをさがす

むけいかくに生きていくとどうなるか実験中のブログです

エルトン・ジョン「土曜の夜は僕の生きがい」カバーバージョン9選+α

 エルトン・ジョンの"Saturday Night's Alright for Fighting"(邦題「土曜の夜は僕の生きがい」)ってもしかして、ものすごいたくさんカバーバージョンが存在してるんじゃない?ってことに気付いて調べてみました。

 

目次

  1. Queen(ロック)
  2. The Who(ロック)
  3. Fall Out Boy(パンク)
  4. Nickelbackグランジ
  5. Kid Rock(ロック)
  6. Done Again(ロック)
  7. The Elite(パンク)
  8. Micheal Williams(R&B
  9. W.A.S.P.(メタル)

 +α. Tommy Emmanuel(インスト)

 

 

原曲 - エルトン・ジョン"Saturday Night's Alright for Fighting"

収録アルバムはこちら"Goodbye Yellow Brick Road"(邦題「黄昏のレンガ路」)

 

1. Queenバージョン 

英語版ウィキペディアによると、クイーンはこの曲をツアーでちょいちょい演奏してたらしいです。

 

 2. The Whoバージョン

このバージョンは、Two Rooms: Songs of Elton Johnというアルバムに収録されています。エルトン・ジョンの曲を色んなアーティストがカバーしたアルバムですが、ザ・フーの他に、エリック・クラプトンスティング、ロッド・ステュワードなども参加しています。

 

3. Fall Out Boyバージョン

ボーカルが特徴ある歌声なので、何を歌ってもフォール・アウト・ボーイだなって、すぐ分かります。

Saturday Night's Alright for Fighting

Saturday Night's Alright for Fighting

  • フォール・アウト・ボーイ
  • Rock
  • ¥250

 

4. Nickelbackバージョン 



ニッケルバックが、後述のキッド・ロックとパンテラのギタリストであるダイムバックダレルと共にカバーしたバージョンです。

今回紹介しているアーティストの中では一番原曲と雰囲気が変わっているかなと思います。グランジっぽいリフがかっこいいです!

こちらは映画「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」のサウンドトラックに収録されています。

 

5. Kid Rockバージョン

キッド・ロックがソロで歌っているバージョンもありました。しかもご本人が見てます。

キッド・ロックは作風の振り幅がすごいです。



6. Done Againバージョン

私はDone Againというバンドについて全く知らなかったのですが、

ビートルズカバーの館というサイトのこちらのページで解説されていました。(ものすごいマニアックなサイトで並々ならぬ情熱を感じます)

Done AgainStingrey Musicと同様に、元々はビートルズナンバーのカラオケを作っていたスタジオワークバンンド。

『ビートルズカバーの館「Birthday」のカバーについて』より

Saturday Night's Alright (For Fighting)

Saturday Night's Alright (For Fighting)

  • Done Again
  • Rock
  • ¥200

上のバナーでちょっと聴けます。

王道アメリカンロックに生まれ変わっていてかっこいいです!

 

7. The Eliteバージョン


パンクもいいですね!ちょっとランシドみたい。

しかし、このThe Eliteというバンドについての情報がなかなか見つかりません。どなたか知ってる方いらっしゃいますか?

Saturday Night's Alright for Fighting

Saturday Night's Alright for Fighting

 

8. Michael Williamsバージョン

2008年からThe Driftersのメンバーとして活動しているマイケル・ウィリアムスによるカバーです。The Driftersといえばベン・E・キングのイメージでしたが、今も活動しているんですね…知らなかったです。

Saturday Nights Alright for Fighting

Saturday Nights Alright for Fighting

  • Michael Williams
  • Pop
  • ¥200

高音が心地よいです。

公式HP

http://www.michaelcharleswilliams.com/

 

The DriftersのHP

The Official Drifters | Welcome to the Official Website of The Drifters

 

9. W.A.S.P.バージョン

最後はヘヴィメタル!でも原曲の雰囲気がかなり残っていて明るいです。

Saturday Night's Alright for Fighting

Saturday Night's Alright for Fighting

W.A.S.P. (ワスプ)は 1984年にデビューしたアメリカ合衆国ヘヴィメタルバンドブラッキー・ローレスを中心にロサンゼルスで結成され、ポップでキャッチーなロックンロールと残虐なパフォーマンスで人気を博した。

W.A.S.P. - Wikipediaより

公式HP 

Welcome to the official W.A.S.P. Nation website

 

番外編ーClassical Gas - Tommy Emmanuel


超絶技巧派ギタリスト、トミー・エマニュエルがメイソン・ウィリアムズの「クラシカル・ガス」をカバーした曲です。2分30秒あたりから、"Saturday Night's Alright for Fighting"のイントロのリフを弾いています。

こういう風にさらっと名曲のフレーズを入れられるのって憧れます。

 

というわけで、名曲カバーの数々でした!

sponsored link

 

【その他の記事】