読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むけいかくなひと、しごとをさがす

むけいかくに生きていくとどうなるか実験中のブログです

「そんなことで」と言わないで-ブラック企業とセカンドアビューズ

最近モラルハラスメントという言葉をテレビ欄でよく見かけるようになりました。例の離婚問題については、ほぼ何も知らないのですが、モラルハラスメントにからんで「セカンドアビューズ」という言葉があることを知りました。 セカンドアビューズとは、直訳で…

宮沢賢治『オツベルと象』ー社会を知ったあなたにもう一度読んで欲しい

皆さんは国語の教科書などで、宮沢賢治の『オツベルと象』を読んだことがありますか? オツベルという人使いの荒い男と、そこへひょっこりやってきた白い象の話です。 「グララアガア、グララアガア」という独特の擬音語や「苦しいです。サンタマリア。」と…

ブラック企業を辞められない=「ストックホルム症候群」?

「ストックホルム症候群」は心理学の専門用語ですが、これをテーマにした映画などがたくさんあるので一般的にもよく知られた言葉ですね。 このブログで、ブラック企業による洗脳について書いたことが何回かありましたが、もしかしてストックホルム症候群とブ…

ブラック企業の洗脳を自覚した「口癖」事件…の巻。

以前の記事で、ブラック企業を辞めるきっかけになったことのひとつが、眉間にしわができたことだと書きました。結局それによって、 「このままでいいんだろうか?」 と疑問が沸いたことで、自分の状態を考え直すきっかけになったのですが、きっかけは他にも…

税金について勉強した…ブラック企業の手口が見えてきた

今年ブラック企業を退職して、去年に比べて所得がかなり減りました。 それで困ったのが、税金がとても高いことです。 所得が少ないのになんでこんなに税金に持ってかれるんだ! ということで怒りにまかせて税金について色々勉強した結果、色んな疑惑が出てき…

祝(?)流行語!「ブラック企業」から逃げ出す言葉

「ブラック企業」が2013年ユーキャン新語・流行語大賞のトップテン入りを果たしました。正直「今更?」といったかんじがしないでもないですし、元々ネット用語なのにブラック企業対策プロジェクトの代表の方が受賞したというのもよく分からないですが、いつ…

まずは自尊心を破壊すべし!ブラック企業の作り方まとめ

前回までの計4回にわたって、「零細ブラック企業の社長による、洗脳の恐怖」と題して、新入社員がブラック企業の社長に洗脳されていく様子をお伝えしました。多少脚色した部分はありますが、ほぼ私がブラック企業時代に見てきたことそのままです。そのとき…

零細ブラック企業の社長による、洗脳の恐怖ー完了編

「零細ブラック企業の社長による、洗脳の恐怖」シリーズ最終話! 【これまでのあらすじ】 零細企業の新入社員のB君とM君は、ブラックな社長に怒鳴り続けられ、精神的に参っていた。B君は、もう辞めてしまおうかと思ったが、社長の巧妙な洗脳術にじわじわとや…

零細ブラック企業の社長による、洗脳の恐怖ー飴と鞭編

「零細ブラック企業の社長による、洗脳の恐怖」シリーズ第三話 【これまでのあらすじ】 B君は零細企業に就職したが、ブラックな社長の機嫌を損ねないように仕事をしたところ、入社3日目にして大激怒される。長時間怒鳴られたため解雇されるのではと思ったが…

零細ブラック企業の社長による、洗脳の恐怖ー大激怒と肯定編

【前回のあらすじ】 B君は零細企業の新入社員だ。B君は業務上の問題点を発見したが、社長の機嫌を損ねるのを恐れるあまり、それを報告しなかった。ところがそのことが社長にばれてしまう…

零細ブラック企業の社長による、洗脳の恐怖ー激怒編

傍から見ると、完全にブラック企業なのに、なぜかいつまでも辞めない人は皆さんの周りにはいないでしょうか? もしくは、仕事がきつくてプライベートの時間はほとんど取れないけど、もっと頑張らなきゃ!と思っている人はいませんか? もしそうなら、一度、…

単なる長時間労働じゃない!2つの条件が揃えばそこはブラック企業

以前、正社員として採用されて働いていた零細企業は、正真正銘、文句なしに「ブラック企業」と呼んでよかったと思います。就職前は、大手企業含め、複数の会社でアルバイトをしていましたが、いろんな企業の実態を見て、自分なりにブラック企業の定義ができ…

『天地明察』の主人公にみる、会社を辞めた時のきぶん

本意ではない仕事を守るか、捨てるか、という咄嗟の選択の際には、色んなものを秤にかけて考える余裕などないですから、ずっと自分の中でくすぶっていた本音が出てしまうのだと思います。それを言えたことに対する“奇妙に虚脱した満足感”が自分にもありまし…

おもいでがよみがえって、ダンダリンが見れない…の巻。

こんばんわ、むけいかくなひとです。 先々週の水曜日、「ダンダリン 労働基準監督官」というドラマをなんとなく見てしまいました。 その日の夜は、あの頃の夢を見て、うなされました…。

むけいかくなひとにあらわれた、ブラック企業ではたらくことの意外な弊害…の巻。

ブラック企業にひっかかり、わりとすぐ抜け出すことができた私ですが、 (ことの顛末についてはこちらの記事をご覧ください) そこで働いている間に意外な悪影響が体に現れたのです…。

むかしむかしあるところに、ブラック企業にひっかかったひとがいました…後編

あらすじ:ブラック企業ではたらくむけいかくなひとは、ある日、飲み会がたたってパソコンの前で居眠りしている「しゃちょう」を見かける…。 昨夜の飲み会でのことです。 しゃちょうはお店で、若いころの犯罪歴やそれのもみ消し方などを大声でしゃべり、 あ…

むかしむかしあるところに、ブラック企業にひっかかったひとがいました…

むかしむかしあるところに、むけいかくなひとがいました。 むけいかくなひとは、小さな会社ではたらいていました。 正社員として雇われたはずでしたが、いつの間にか、契約社員のような扱いになっていて、 もらえるはずのお給料も、ちょっと足りません。 こ…

零細ブラック企業の社長とは!?むけいかくなひとが教える7つの条件…の巻。

9月に入り、就職活動真っ最中の方もいらっしゃると思います。 中小企業、零細企業に就職しようすると、社内の実態があまり表にでてこないので、ブラック企業かどうかを判断するのはとても難しいものです。 私は地方の小さな会社の求人票を見て、業務内容が…